足の親指が曲がる病気|豊胸の手術は名医に任せるべき|納得の手術法で実践
レディ

豊胸の手術は名医に任せるべき|納得の手術法で実践

足の親指が曲がる病気

足

どういう病気なのか

外反母趾というのは、足の指が変形する病気だと思われていますが、これは正確ではありません。正しくは、土踏まずといった足のアーチ構造が崩れてしまう病気なのです。結果として親指に負担がかかり変形を起こすのです。ですので、外反母趾の治療は単に親指を元に戻すのではなく、足のアーチ構造を元に戻すことが重要となります。足のアーチ構造が崩れると足にかかる力のバランスが崩れてしまい、ひいては身体全体のバランスを崩してしまいます。それによって腰や肩など身体の各所に余計な負担がかかり、様々な障害を引き起こしてしまいます。外反母趾を治療するということは、単に足の治療というだけではなく全身の健康を保つためにも必要なことなのです。

どうすればよいのでしょう

足のアーチ構造というのは、足の骨格の間にある筋肉によって引き締められることで形づけられています。外反母趾は、この筋肉がうまく使われず機能が低下してしまうことでアーチ構造が崩れてしまうのです。まずは、この筋肉を鍛えることが必要です。そのためには、まず足に合った履物を使用するようにして余計な負担を無くします。そして足の向きや姿勢を正すことで足への力のかかり方を正常に近づけ指を使った正しい歩行で筋肉を強化します。それ以外にも、固まった筋肉をほぐし動きを良くするためのストレッチなどを行ったり、指の変形がひどい場合には矯正ベルトなどを使い変形を解消しましょう。歩けないほどの症状が深刻な場合は、外科手術により治療を行うこともあります。現在では、外反母趾の人のための靴も販売されており、通販サイトからでも購入が可能となっています。外反母趾が気になるという人は購入してみるとよいでしょう。通販サイトでは様々な種類やデザインの靴が取り揃えられているため、普段のファッションに併せながら自分に合ったものを選ぶようにしましょう。